意外!な「ねぎま」の由来

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

数ある焼き鳥の中で、今も昔も大人気、
不動の地位を築いているのが
「ねぎま」。

もも肉のやわらかな食感と
ねぎのシャキシャキ感、
一緒に食べるといい香りが口の中
いっぱいに広がって
絶妙のハーモニーを奏でます。

ところでこのねぎま、
実はあまり良く知られていない
名前の由来があったんです。

「ねぎま」と聞くと、ついつい
「ねぎが間にはさまっているからねぎ間」
と思う方も少なくないと思います。
もちろんそのような
意味合いもあると思います。

ただ本来ねぎまの「ま」とは
「まぐろ」の意味なんです!
実はネギとまぐろを交互に串にさして
調理したものがねぎまの語源。

漢字で「葱鮪」と書きます。

まぐろを代用して鶏肉をつかったのが
焼き鳥のねぎまの始まり。
そして今もその名前を
使い続けているんですね。

ぜひ当店でのお食事の際にこの豆知識を
披露してみてはいかがでしょうか♪
もちろんお手元にはねぎま串を忘れずに!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://www.jf-service.jp/isami
isami