【「焼く」へのこだわり】

皆さまお世話になっています。
炭火焼鳥 勇~ISAMI~です。

焼鳥の「焼く」について、皆さまはどのような印象をお持ちでしょうか。焼くというのは、食品に熱を与えるために、水や油などを使わずに直接的に200度以上の温度を使う、ということを言うのです。

食品にこの温度を与えれば、タンパク質が凝固します。そして水分をしみ出させて柔らかくするのです。内部温度は動物性食品なら、75度~95度、そして植物性食品なら105度~110度程度がちょうど良いです!!

煮る、蒸す、揚げると比較をすると、煮るは100度、蒸すは150度、揚げるは200度に対して、焼くは200度以上の高温加熱なのです。

つまりは食品の表面と内部の温度差が激しいことになります。そしてこの差が美味しさを作りあげているのです(^^)/
皆さまも、この美味しさを炭火焼鳥 勇にて、ぜひ実感してみてください!!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://isami.link/

1111