月別アーカイブ: 2016年7月

どうして炭火にこだわるのか

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

 
当店では紀州備長炭を使用しており、
焼鳥は炭火でじっくりと焼き上げています。
 
でも今は炭火を使うような料理でも
ご家庭で電気グリルなどで
簡単・手軽に調理ができますよね。
 
では炭火を使い続ける理由はあるのか?
炭火と電気グリルでは
何が違ってくるのかご紹介したいと思います。
 
炭火といえばやっぱり「遠赤外線」。
 
この遠赤外線によって 
お肉をただ外側から焼き上げるだけでなく、
内側からも加熱することができるんです。

そうすることによって 
お肉のうま味や風味をしっかりと残したまま
ジューシーにおいしく
焼き上げることができるんです。

普通のグリルだと
なかなかこうはいきません。
水っぽくなってしまったり、
うま味を充分に引き出すことができないのです。

 
あとは炭火で焼いたときの香り!
香ばしさが全然違いますよね。
食欲をそそります。

当店の備長炭で焼き上げた自慢の焼き鳥。
熟練の技でうま味を最大限に引き出します。
ぜひ炭火ならではの本格焼き鳥、
お召し上がりください!
 
 
炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isami

美味しいつくねの見分け方!

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

子供から大人まで定番人気のつくね。
ほくほくのお肉にタレも塩も良く合います。

軟骨入りで食感を良くしたり、
黄身をからめて食べたりと、
お見せによって特色もありますね。

ただこの何気なく食べているつくね。
美味しいつくねとそうでないつくね、
違いはどこをみれば分かるのでしょうか。

実は断面で見分ける方法もあるんです!

つくねを半分にカットしてみて、
断面がツルツルしているようなら
工場でつくられたような仕入れ品の可能性大。

逆に断面が粒々、
ブツブツしているようなら
しっかりと仕込みを
してあるものの可能性が大なんです。

工場で作られたものだから美味しくない、
お店で仕込んだから美味しい、
というわけではありませんが、
ひとつの目安にはなると思います。

シンプルで定番のつくねだからこそ、
お店によって違いがはっきりしてきます。

次につくねを召し上がる際には
ちょっと気にしてみてはいかがでしょうか。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
c0f475b9835a2bad3efad51e5187de1ft4d350fb

美味しいお店の見分け方!

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

みなさんはいい焼鳥屋を
見分けるコツは何かしっていますか?

値段?お店の雰囲気?
グルメサイトの評価?

もちろん参考にはなりますが、
本日は焼鳥屋が教える
「いい焼鳥屋か見分けるコツ」、
ぜひ参考にしてみてください。

そのコツとは・・・

いい焼鳥屋は「ねぎ間」が違う!

まずお肉のかたちに
注目してみてください。
工場で作られた輸入ものの
仕入れ品などは、加工の過程において
肉の形が均一になりますが、
きちんと自分たちで仕込むようなお店は
逆にお肉の形は少し不揃いになります。

また、ネギ自体が冷凍に向かない野菜のため
ちゃんと提供しようと思えば
必然ときちんとお店で仕込みをする
必要がでてきます。

焼き加減や味付けなどでも変わりますが、
まずはこの2点に
注目してみてはいかがでしょうか。

もちろん安いお店が悪い、
というわけではありません。

自分の好みや予算に応じて、
その中でも納得できるお店を
選ぶのが一番ですね。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isami

焼鳥人気ランキング!

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

焼鳥屋さんに行くと今や
様々な部位やお肉、野菜の串焼きがあって
どれを食べようか迷ってしまいますね。

皆さんそれぞれお好みの部位もあるでしょうが、
本日は最新の人気部位を
ランキング形式にしてみました。

・第5位 ぼんじり
ぼんじり=尾骨まわりの肉。
脂がのっていて柔らかジューシー。
タレ・塩どちらとも相性抜群。

・第4位 つくね
定番中の定番。
老若男女問わず常に上位をキープします。

・第3位 皮
お店によってこんがりカリカリにしたり、
もちもち食感を残したり。
どちらもとってもジューシー!
「皮が一番!」という方もたくさん。

・第2位 ねぎ間
肉とねぎの絶妙なハーモニー。
肉のうま味がネギに移り、
ネギの香りがさらに食欲をそそります。
こんがり焼けたネギは見た目からおいしそう!

・第1位 正肉
やっぱり不動の人気はもも肉(むね肉)。
焼鳥と言えばやっぱりコレ。
タレ・塩問わず美味しく味わうことができます。

やはり上位は定番メニューが多いですね。
今度は一風変わったランキングも
ご紹介してみたいと思います!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isami

タレ・塩 どっちが人気!?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

焼鳥を食べるうえで、
避けては通れない大きな問題があります。

そう!
焼き鳥は「タレ」で食べるか
「塩」で食べるか。

実際にアンケートを取ったところ、
今は塩派のほうが
タレ派よりも若干多いようです。
どちらかと言えば塩のほうが人気なんですね。

この「タレVS塩」の派閥対決、
いつの時代にもあったと思います。

ただお店側からとしては、
ご自分が美味しいと思える、
お好みの食べ方で食べてくれれば良い
のではないかと思います。

もちろん素材によって
合う合わないはあります。

たとえばつくねなどは
タレのほうが圧倒的に人気ですし、
砂肝は塩でさっぱり、
という方も多いでしょう。

当店では秘伝のタレ、
こだわりの塩ともに自信をもって
おすすめしております。

どちらか悩んだらお好みでお選びください。
もちろん両方ともご注文も大歓迎です(笑)

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isa

外国人にも人気!

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

日本人にとって
なじみの深い焼き鳥ですが、
実は今海外や外国人の間でも
超人気な料理になっているんです。

そもそも和食は
無形文化遺産に登録されるほど
海外でもメジャーな料理。

ただ今までは「寿司」や
「てんぷら」などが有名でした。

それが近年では幅広い料理に
目を向けられるようになり、
その一つである焼き鳥が
今人気が出ているというわけなんです。

特に焼き鳥ならではのあの「タレ」。
甘辛く、さっぱりとした鶏肉によく合うタレですが、
海外の方はこのタレのおいしさに
衝撃を受けることも多いそうです。

お値段も手ごろで、そこまで格式高くなく
気軽に食べられるのもいいですね。
箸が苦手な外国人も焼鳥なら楽に食べられます。

もちろん当店では国籍関係なく、
ご来店いただいたお客様みなさまに
おいしく味わっていただきたいと
思っております。

お誘いの上ぜひご来店くださいませ。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

人はいつから炭を使ってる?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

今や焼き鳥や焼肉をはじめ、
こだわりの料理に欠かせない「炭」。
この時期バーベキューやキャンプなどでも
必須アイテムですよね!

わたし達が何気なく使っているこの炭ですが、
実は古くからの知恵によって
生み出された革命的な燃料だったんです。

30万年ほど前の史跡から
すでに木炭が発見されていたそうです。

日本で本格的な炭焼き技術が発展してきたのは
西暦800年ごろ、遣唐使とともに
中国に行った弘法大師と言われています。

弘法大師がその技術を日本へ持ち帰り、
そこから日本各地で炭焼き、
炭火が使われるようになったのです。

もちろんまだ電気もガスもなにもない時代。
大事な燃料として人々の日々の生活に
密着にかかわってきました。

そして現代。
単なる燃料から、料理をおいしくするための
道具へと変貌をとげました。

もちろん当店でも最高級の紀州備長炭を使用!
熟練の焼き技とともに
鶏肉のうま味をしっかりと引き出します。

当店の本格炭火焼き鳥、ぜひお楽しみください!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isami

どうして「かしわ」と呼ぶの?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

鶏肉のことを
「かしわ肉」と呼ぶのを聞いたことはありませんか?
おそらく東日本の方はあんまり馴染みが無く、
西日本の方が聞くことは多いと思います。

もちろんどちらも鶏肉には違いありませんが、
ではいったい何が違うのでしょう。

西日本でよく呼ばれることから、
「鶏肉の方言=かしわ」と
思われるかもしれませんが、
実はそれは間違いなんです。

そもそも「かしわ=黄鶏」のことを言います。
黄鶏とは褐色の羽が特徴の、
日本原産の鶏のことなんです。

その羽の色が柏餅に使用する
葉っぱの色に似ていたから、
という語源があるそうです。

ちなみに現在一般的な鶏として
代表的なのが「ブロイラー」などですね。

ただ今は特に区別をせずに、
鶏肉全般のことを「かしわ」と
いっても問題ないでしょう。

たとえばただ単に「鶏肉」というより
「かしわ」なんて呼んだほうが
ちょっと通っぽい感じもしませんか(笑)

もちろんなぜかしわ、と呼ぶのかも
覚えておきましょう!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
isami