月別アーカイブ: 2017年1月

唐揚げの始まりはいつ??

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

数ある鶏料理の中でも抜群と言っていい人気の一品。
それは「から揚げ」ではないでしょうか。
老若男女問わず、またごはんのおかずからビールのおつまみまで、
まさに鶏料理のエース!

今でこそここまで愛されるから揚げですが、
いったいいつ頃から食べられるようになったのでしょう。

現代の唐揚げが登場したのは昭和初期。
東京のある定食屋さんが営業不振になった際、
なんとかしようと思って開発されたのが発祥と言われています。

その後戦後の食糧難の時代に養鶏場を多く作るという
政策のもと、鶏肉の色々な食べ方が発展し
唐揚げも全国で一般的に食べられるようになったのです。

ただそれより以前の歴史の中にも似た料理はあったようですね。

今や「唐揚げ専門店」や唐揚げグランプリが開催されるほど
愛されている唐揚げ。

もちろん当店でも唐揚げをご用意。
とってもジューシーでビールのおつまみにもぴったりです!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

「信玄鶏」とは・・・?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

前回、前々回と鶏の種類のご紹介をしてまいりましたが、
前回でちょっとだけふれた「信玄鶏」。
当店でも使用している鶏肉なんですが、
ではいったい信玄鶏とはどんな鶏なのか。
それを本日はご紹介したいと思います。

その名がしめす通り、山梨県を産地とした鶏肉。
山梨県という土地柄、富士産や南アルプスの自然の中で
飼育されています。
広大な自然のなか、ストレス無く育った鶏は
肉質も良し!

また、トレハロースという糖分を飼料に加えることにより、
鶏肉特有のにおいも低減させています。

信玄鶏は紀州備長炭でじっくり焼き上げる当店の
スタイルにぴったり!
お肉を選ぶところから当店のこだわりは始まっています。

柔らかくて風味豊かな、信玄鶏使用の当店の焼き鳥、
ぜひ召し上がってください!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

「銘柄鶏」ってなに?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

大きく3種類に分類される鶏肉。
本日は最後の「銘柄鶏」についてご紹介をしたいと思います。

銘柄鶏には地鶏ほどの規定はありません。
銘柄鶏は大きく「白系」と「赤系」に分類されますが、
ここまでは若鶏と同じ。

違いは若鶏よりも飼育期間を長くしたり、
良い餌によって肉の味が良くなるよう工夫されていたりなど。
なので一般的な価格も若鶏と地鶏の間くらいと言えるのではないでしょうか。

ちなみに当店でも使用している「信玄鶏」。
こちらも銘柄鶏の1種。
味にこだわりつつも価格もできるだけ抑えるよう
こちらの鶏肉を使用しています。

他には森林鶏、大山鶏、赤鶏さつまなどなど。
地域によって飼育方法など様々な工夫がされています。

当店自慢の信玄鶏もぜひ召し上がりにご来店くださいね!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

「地鶏」って一体なんだ??

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

鶏肉には大きく
「若鶏」「地鶏」「銘柄鶏」の3種類に分類されます。
前回は若鶏のご紹介をいたしましたが、
では本日は地鶏とはいったいどういうものなのか、
ご紹介したいと思います。

「地鶏」と聞いたイメージだとなんとなく
「地元産」「地産地消」と思いませんか?

けっして間違いとは言えないのですが、
正しい定義があるんです。

・在来種由来の血統が50%以上
在来種とは明治までの日本で定着した鶏の品種のこと

・「平飼い」されている
平飼いとは鶏が地面を自由に動き回れる状態での飼育方法。
そう、地面の「地」ということなんですね。

・1平方メートルあたり10羽以下の環境での飼育

以上の条件を兼ね備えた鶏が「地鶏」として認定されます。

例えば有名な名古屋コーチンなどは地鶏の代表種と言えるでしょう。

知っていそうで意外としらない地鶏の定義。
参考になりましたでしょうか。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

「若鶏」ってどんな鶏のコト?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

鶏料理の中でよく聞くフレーズ
「若どり」

なんとなくイメージはつきますが、
実際のところ若どりとはどのようなものをいうのでしょうか。

具体的な定義として、若どりとは
「骨格が成長になっていない鶏」の事と思っていただいていいでしょう。

年月的には約2か月ほどの鶏が一般的に若どりと言われます。

若どりの特長としてはなんといっても
柔らかくてジューシー、食べやすいこと!

今や鶏料理では若どりの方がポピュラーになってきているのでは
ないでしょうか。
市販されている鶏肉も、基本的に若どりがメインとなっていると
思います。

鶏にこだわる当店でも若どりも使用しています。
上質な若どりを職人が紀州備長炭でじっくり丁寧に焼き上げた
自慢の焼き鳥。
ぜひお召し上がりください!

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
PPS_sumibiyakitoriyaku_TP_V

歴史に裏付けられた・・・

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

今や日常的に食べられている焼き鳥ですが、
その発祥や歴史、となると
意外とあまり知られていません。

実は鶏の食文化自体はかなり歴史が古く、
はるか太古の昔からあったようです。
鶏の埴輪があったり、万葉集に鶏が出てくるなど、
我々日本人にとっては馴染み深いものだったんですね。

ただその後「食肉禁止令」が日本では出されるようになり、
肉食自体が避けられるようになりました。

その後の歴史の移り変わりとともに
食肉、食文化にも変化が生まれ、
現在のような形態の焼き鳥屋の元祖は
幕末頃にできたと言われています。

さらに普及したのは大正~昭和にかけて。
食肉用の鶏が今までにくらべ容易に
飼育できるようになったんです。

そして今や日本中どこでも食べられ、
誰にでも好かれる料理となりました。

長い歴史の中で今日のような多彩で
美味しい料理と変貌していったんですね。

当店でももちろん自慢の焼き鳥をご用意しております。
歴史に裏打ちされたおいしさ、ぜひご堪能ください。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

今年もよろしくお願いします!!

新年あけましておめでとうございます!
炭火焼鳥 勇です。

そう!2017年は酉年!
動物では鶏があてられています。
つまりは今年は当店にとってぴったりの1年ということ!

だからこそ、今年1件はより一層皆様にご満足いただけるような
サービスをご提供したいと思っております。

扱いの難しいとされる紀州備長炭を使い、
熟練の職人たちが自慢の鶏肉をじっくりと焼き上げる当店の串焼き。
ぜひいかがでしょうか。

また、串焼き以外にもこだわりの逸品料理の数々もご用意。
中には焼き鳥屋らしからぬメニューも!?
ぜひ串焼きと一緒にお召し上がりください。

2017年は当店スタッフ一同はりきってまいります!
酉年のお食事は勇で決まり!
本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
http://r.gnavi.co.jp/gaf8400/
1