月別アーカイブ: 2017年9月

銘柄鷄とは?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

鶏の種類を語るうえで、よく聞くのが「若鶏」「地鶏」「銘柄鶏」
だと思います。

この中でも他のふたつとは違い、
「銘柄鶏」には特に厳密な規定は実はないんです。

もちろんだからといってどんな鶏でも
「銘柄鶏」を名乗っていいかというと
そうではありません。

良質な餌を与えたり、飼育環境や飼育期間などにこだわって、
味わいがよい鶏のことを銘柄鶏と呼びます。

ちなみに当店で使用している信玄鶏もこの銘柄鶏の一種。
出荷にいたるまで、餌に添加物は使わず、
旨味と歯ごたえを引き出した鶏。

当店ではこの鶏を紀州備長炭で職人がじっくりと
焼き上げることによって、
絶妙なおいしさを生み出しているんです!

鶏の種類は本当に様々。おもしろいですね。
当店へお越しの際も自慢の鶏料理を
ぜひお召し上がりください。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
https://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

地鶏とは?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

鶏肉にも様々な種類があります。
とりわけよく聞くのが「地鶏」や「銘柄鶏」という名称。

この名前の違いによって、
何か違いはあるのでしょうか?

そもそも地鶏とは、
日本農林規格というところで
しっかりと規格が決まっているもののみ名乗ることができます。

大まかにその基準を説明すると
・在来種由来の血統が50%以上
・ふ化日から80日間以上飼育していること
・ふ化28日以降は自由に歩けるよう飼育していること
・ふ化28日以降は1平方メートルあたり10羽以下で飼育していること

うーん、とても難しいですね・・・。
つまり、かなり厳しい条件にクリアした国産鶏だけが
「地鶏」という名称を使うことができるんです。

もちろん厳しい判断基準をクリアするだけあって
味わいも別格。
生産者によって様々なこだわりで飼育されていることが多いようです。

色々な種類があったら、「地鶏」と書かれているものを
チョイスするのがおすすめかもしれませんね。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
https://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

串をバラさずに食べた方が美味しい !?

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

みなさんは焼き鳥、どのようにして食べていますか?
おそらく串にささったまま、
という方がほとんどかと思います。

ただ、女性の方やお子様、大勢で食べるときなど
串から外して食べる、という場合も良くあると思います。

果たしてそれによって焼き鳥の味は変わるのでしょうか?

結論から言うと、
「焼き鳥は串のままの方がおいしい!」んです。

お肉を串からはずすことによって、
閉じ込められていた肉汁が外へこぼれてしまったり、
せっかくのアツアツのお肉が冷めるのが早くなってしまいます。

ただ、お食事の環境などによっても様々だと思いますので、
はずして食べる場合は、
味が落ちてしまう前にお早めに食べてくださいね。

一番のおすすめは串のままそのまま豪快に!
当店自慢の焼き鳥もぜひお召し上がりください。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
https://r.gnavi.co.jp/gaf8400/

ホッピーのうんちく

こんにちは!
炭火焼鳥 勇です。

当店でも定番ドリンクの一つとして人気なのが
「ホッピー」。
ホッピーと聞くと、ついオジサンの飲み物と
イメージしてしまいがちですが、
近年では若い方や、女性の方にも
人気があるドリンクです。

実はホッピーを製造販売している会社は
現在社長が女性。

もしかしたら女性ならではの観点もあって、
今や老若男女問わず愛されるドリンクになったのかもしれません。

ホッピーは「外」や「中」と言われるもので
割って飲むのが一般的。
でもその女性社長も言っていましたが、
ホッピーにはまだまだ無限の可能性がある、ということです。

オリジナルの飲み方を探してみるのも楽しいかもしれません。

当店でももちろんホッピーをご用意。
あまり飲んだことのない、という方には
飲み方もご説明いたします!
人気のホッピー、ぜひお楽しみください。

炭火焼鳥 勇~ISAMI~
https://r.gnavi.co.jp/gaf8400/